北海道でアウトドアライフ!キャンプ初心者のキャンプ1年生のブログです! キャンプ アウトドア 雪山 スノーボード カメラ
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キャンプ1年生。キャンプ初心者のアウトドア日記

キャンプ、アウトドア、雪山、北海道札幌の生活の事をつらつらと。2016/8脱東京完了済み。キャンプ初心者の日記

牛が絵になる北海道を安全運転で帰宅。

キャンプ 北海道 日記 函館

運転6時間。

二泊三日のキャンプが終わり自宅に帰ってきました。函館方面より一般道で運転約6時間、札幌への帰り道ほとんどの道の駅に寄り道しました。東京にいた頃は絶対に高速道路優先でしたが、北海度にきてからは高速道路は使いません。ほぼ、渋滞ありませんからね。札幌で言うところの渋滞は、東京で言う普通の信号待ちレベルですもんね。多少混んでても少しもイラッとしませんよ。引っ越してくる前は仕事で東京を中心に北は北海道へ南は兵庫や、徳島ぐらいまで出張で行ってましたがあの首都高のもはや高速道路ではない件を経験をしたら、ここ北海道の交通状況は平和なもんですよ。運転6時間といえば過去には東京と青森間の約600kmをそのぐらいで走ったことがあったような、、、気がしないでもない。今日は約250km走行でした。

 

一般道でナイスな景色発見。

f:id:camp1st:20160826224939j:plain

函館山がバッチリ見えました。函館の中心地からも遠いので観光客も全然いなく、ゆっくりできてよかったです。車でないとちょっと厳しいところですが、とてもオススメのスポットですが夜は夕方で閉鎖されてしまいます。ちなみに、この写真はキャンプ一年生のテントと函館山を写しました。よーく見ると右のほうに小さくテントが写ってます。ほぼ見えませんが、、、

 

牛を見つけてテンション上がる

f:id:camp1st:20160826224936j:plain

先ほどの函館山ビュースポットを少しだけ降ると牧場があります。ほとんどの方が牧場あることも知らず通り過ぎてしまうようなところです。電気柵でビリビリしない程度に咲くに近づき望遠レンズで撮りました。函館山をバックに、こちらを見てもらったところをいただきました。ここの牧場の牛さんは人懐こく呼んだら電気柵ギリギリまで近寄ってきてくれます。牛を見つけると北海道を感じます。

 

ちなみにキャノン派

f:id:camp1st:20160826230454j:plain

今回は気合を入れて一眼レフを持って行ってよかったです。どうでもいいものが、なんとなく素敵な感じに撮れる気がします。五稜郭タワーにあった昔の街の風景だと思うんですが、誰も近寄ってみたりしてなかったので一枚撮ってみました。家に帰ってきて見てみるとボケ具合とかいい感じじゃないですか。普段は重くてあまり持ち出しませんが、お出かけの時にはカメラがあると写真の出来が違いますよね。(自己満)

スマホの写真ももちろん綺麗だと思いますし、手軽だけど夜景撮ったりシャッタースピード変えたかったりはカメラの方が上手く撮れるので今後もお出かけの際は頑張って持って行こうと思います。